ラブグラとラブグラをインターネットで購入しているカップル

ラブグラは男性によく知られているバイアグラの女性版と言われています。購入する抵抗のある女性も多いかと思いますが、インターネットなどで他人に知られなく購入できます。ラブグラをきっかけに彼氏や旦那に笑顔を

ジェネリックのラブグラは安心・安全!

ラブグラは、新たに開発された新薬ではなくジェネリック医薬品です。新薬はまだ世に出て間もない薬なので、十分な臨床データが揃っていないことも多いです。研究段階では大丈夫だったけれども、様々な人のパターンに使用したら副作用や健康被害が出るという可能性もあります。それに対して、ジェネリック医薬品は長い間人々に使われてきた薬です。新薬の特許が切れると開発したメーカー以外のメーカーが製造できるようになります。ジェネリック医薬品は長い間使われてきたということで、臨床データが十分に揃っているので安心して使うことができます。ラブグラは女性の不感症やオーガズム不全といった性機能障害の悩みを改善させる、生活の質を向上させる薬です。ちゃんとした医薬品なので、サプリメントなどのように曖昧な効果のものではありません。医薬品はサプリメントに比べて、基準が高い検査をクリアしているからです。ラブグラは、男性のバイアグラとほとんど同じような作用を持っています。有効成分も同じで、この成分がPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という血管を狭くしてしまう酵素の働きを抑えることで、女性器やクリトリス周辺の血流をアップして性機能障害を克服させることができます。ジェネリック医薬品は特許が切れて、いろいろなメーカーで作られています。新薬は開発に何年もかかり、膨大な人件費をかけているので薬の値段が高いですが、ジェネリック医薬品はその開発費が上乗せされていないので、とても安くつかうことができます。ネットで販売されているラブグラの値段は、業者によって異なりますが、だいたい1錠あたり280円くらいで買うことができます。300円以下で使えるのが嬉しい薬です。

高血圧の女性はラブグラを飲んでも大丈夫?

女性用バイアグラとして有名なラブグラは、不感症や性的興奮に障害のある女性が使用するための飲み薬で、男性用のバイアグラと同様に血流増進によって性器への感覚を取り戻す作用があります。有効成分のシルデナフィルは、元々男性の勃起障害を改善するために開発されたものですが、女性用にも流用できることが分かったことからラブグラが発売されています。性器周辺の血管を拡張することで血行が促進され、膣液の分泌が良くなることで性交痛や感度が上昇すると言われます。しかし、血圧に大きく関わる医薬品であることから、男性用のときと同じ高血圧の症状がある人は使用に注意しなくてはいけません。血圧が若干高めな予備軍と呼ばれるような人なら問題はありませんが、すでに症状が酷く治療を受けている場合はかかりつけの医師に相談します。高血圧症の治療薬の一部は、命に関わるものもあり併用禁忌が存在するため、必ず確認しなくてはいけません。特にニトログリセリン系の硝酸剤は、過去に併用して死亡したケースもあるので注意が必要です。ラブグラに使用されている成分のシルデナフィルは、元々高血圧症の治療薬として開発されていた経緯から、血圧を低下させる作用を持ちます。そのため、同じような降圧剤となるカルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬などの併用は、注意点も多いので医師に相談して使用しましょう。似た様な効果を持つ医薬品を併用すると相互作用によって血中濃度が上昇して、急激な血圧低下を招いたり、思わぬ副作用を引き起こす原因となります。治療薬を併用しなくても、単剤での使用で血圧が低下するので、数値のコントロールをしているような人は注意しなくてはいけません。

ラブグラと飲み物の併用は効果の妨げになるのか?

ラブグラは女性用のバイアグラと呼ばれ、不感症の改善などに利用される飲み薬です。飲み薬の試験では、通常水かぬるま湯で確認されるので、効果的な飲み方をするのであればそれ以外の飲み物で併用する意味はありません。ただし、水やぬるま湯を用意できない場合、どのような飲み物で服用すれば良いか気になることもあるので、併用できるものとできないものを理解しておくことも重要です。ラブグラに配合されている成分は、血管を拡張させる働きを持つシルデナフィルと呼ばれるものです。主に陰部周辺の一酸化窒素を活性化させることで血流を増進し、膣内の分泌液を増やすことで性交痛や感度の問題を改善するようになっています。血液の流れが良くなるため、アルコールと一緒に使用すると酔いが回りやすくなることが知られています。性行時の緊張感を紛らわせるためにお酒を飲んで挑むといった人も多いですが、深酒をすると感度が鈍くなったり、アルコールが急激に回って意識を失うこともあるので注意しましょう。適量であれば問題はないので、水などを用意できなかった場合の代替手段としては問題ありません。
最近では酩酊状態にした女性に乱暴を働く事件などもありますが、ちょっとエッチな女の子と楽しく遊びたいのであれば都会でも地方でも遊び方は様々あります。キャバクラに行ったりもそうでしょうし、地方の大都市である札幌であれば、キャバクラではおさわりが出来ますし札幌コンパニオンと宴会やパーティがしたい方はそちらを利用してみるのも良いでしょう。その時こっそりと媚薬を持ってみるのがOKかどうかは問い合わせましょう。
また、医薬品と一緒に併用するのに禁忌とされることの多いグレープフルーツを含む柑橘系のジュースは、血中濃度を上昇させて血圧を著しく変化させるため、なるべく使用しないようにします。脂質の多い牛乳などの乳製品は、体内への吸収を妨げることになるので一緒に飲むようなことは控えましょう。コーヒーはミルクなどが含まれていなければ問題ありませんが、缶コーヒーなどは注意しなくてはいけません。お茶との併用は基本的に問題ありませんが、使用して効果が出なかったという場合は併用は控えた方が良いでしょう。

◎男女ともに互いに楽しい性行為を行うには、女性だけでなく男性も準備が大切です
精力増強

上へ戻る